お買い物は町内で

« スマフォ用格安データ通信回線をゲットするぞ大作戦 | トップページ | タダケンさんありがとう »

食器洗い乾燥機 東芝 DWS-600B 水漏れ故障の顛末

4年前に購入した東芝製食器洗い乾燥機DWS-600Bが、先月急に水漏れを始めました。

水漏れといってもポタポタ、ではなく、ちょっと滝のように流れています。滝です。ぴちゃぴちゃ。

うちの食洗機はシンクの上に置いてあるようなものなので、多少の水漏れはなんともない(被害がない、だけの意味です。。)のですが、よくよく観察してみると水漏れが発生するのは

  • 2回目の追加給水→大量
  • その後ポンプが止まった時(アイドルタイム的なとき)→少量

でした。ある一定水位を超えると水が漏れているような感じを受けます。

水の冷たい時期こその食洗機、修理をお願いすることにしました。ただし修理額は2万を限度にしようと決めました。

東芝は修理受け付け窓口は24h電話がつながります。今頃知ったのですが素晴らしいです。どうせなら電話番号を本体に張っておいてくれるとさらに親切なのに。土曜日に修理しようと決断したのですが、「月曜になったら電話しよう」と2日ほど損してしまいました。

出張修理は最短で翌日とのこと。これもまた素晴らしい。また、出張修理にかかる最低料金(出張費+診断料?)も事前に案内がありました。

最初のサービスマン訪問は妻が対応したのですが、水位スイッチの不良とのこと。一定水位になっていることを機械側が検知できず、どんどん水を送り続けてしまっていたようです。ですので水漏れといっても、「危険水位?になったら下から水を排出する」という物理的な防衛本能により発生した事象で、いわゆる「水漏れ」ではないようです。

さらに、サービスマンのおじさんはポンプの音がおかしい、と、ポンプの交換が必要と診断しました。ただ水位スイッチにしろ、ポンプにしろ部品は持ちあわせていないので、次回部品を持ってくるとのことでその日は終わりました。

おじさんは以下のようなメモ(伝票)を置いて行きました。

  • 今日は部品がなく修理が完了しなかった
  • 次はx日ころにまた連絡する
  • 客から問い合わせる際の問い合わせ先と問い合わせ番号

またまた素晴らしいと思ってしまいました。修理中にこちらが不安に思うことをあらかじめすべて解決しています。

しかしポンプの音がおかしいと思ったことなんかないし、修理代金カサあげしたりしてないかなー、なんて少しおじさんを疑ったのでした。このおじさんのお陰でラッキーな結末になるとはそのとき夢にも思わずに。

何日か後に電話がかかってきました。

  「ポンプがずっと欠品で入りそうにない。そこでもしよろしかったらなのですが・・・」

いーよいーよ、別にポンプ壊れてねーし、水位計だけ交換すればよくね?と思いきや

  「今回の修理相当額で新品に交換させていただくのはいかがでしょうか・・・」

なんと!!! 修理相当額は、水位スイッチとポンプの交換で1万4千円ほどとのこと。ふたつ返事でOKしました。

というわけで一週間後の今日、あたらしい食洗機がやってきました。DWS-600Bはもちろんもうディスコンなので、DWS-600D、2世代新しくなりました。

今回のやりとりで、(最後の新品交換の件を抜きにしても)非常に東芝に好感を持ちました。もう少し東芝製品買ってもいいかなと思ったくらい。

やっぱりネットで調べても、入れる食器の融通が利くのは、パナソニックよりも東芝のようです。


あと後から調べてわかったことなのですが、食洗機の水漏れは割りとよくある故障の一つで、その一番の原因は

「水位計に汚れが付着し、正常な水位が測れなくなっている」

というものだそうです。

きっと我が家のもこれだったのでしょう。自分で分解清掃するのが、一番地球にやさしかったですね。

もしお役に立てていたら、左側のAmzonリンクから消しゴム1個でも買っていただければ、管理人が喜びます。

« スマフォ用格安データ通信回線をゲットするぞ大作戦 | トップページ | タダケンさんありがとう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めまして。

自分もDWS-600Bを使っていますが、2年ほど前に同じようにダダ漏れが発生し、
同じようにポンプが不良だと、ポンプとタンクを交換してもらいました。
今はDWS-600Dが現行品なので、部材が少ないのでしょうか。新品交換はラッキーでしたね。

ただ、自分の食洗機は後日談がありまして…。
去年末から、また水のだだ漏れが発生し、意を決して分解しました。
そして、タンクを洗って今は正常です。

多分、構造上の欠陥だと思います。
というのは、その水位センサーがあるタンクは、給水時も排水時も使用されるため、
どうしても汚れた水がタンクを汚し、終いにはヘドロのようにフロートに付着して
センサーの稼働を妨げてしまうのです。

困ったことに、タンク内の水があふれる前にエラーを出すための水位センサーも
同じタンク内にあり、同じように汚れるため、エラーが出ないのです。

水位センサーがきちっと働いて欲しいのは、排水時よりも給水時なので、
できれば、給水のタンクと排水のタンクは分けて欲しかったと思います。
排水の水位センサーが働かなくても被害は少ないですが、
給水のセンサーが働かないと、水が出っぱなしになるので…。

ということで、長く使うには呼び洗いが重要だと思います。
ちなみにウチは「さぼるために食洗機を買った」クチ(笑)なので、定期的に
分解掃除するだろうなと思ってます。

では、長文すみませんでした。

2児のパパさん、コメントありがとうございます。
大変参考になります。
このような情報、故障する前におさえておくべきでした。

私の家も、サボるために買ったようなものですから、
食器の予洗いはあまりしていませんでした。それがいけなかったのでしょう。

1回目の診断の後、ちょっと反省して庫内の外せるところをはずしてみたところ、
その惨状にびっくりした次第です。
これでは食器を洗っているんだか、汚しているんだか、わからない。
とんでもない汚れが付いていました。

定期的に庫内洗浄が必要との情報もネットでみました。

しかしあの汚れは、庫内洗浄したって簡単にはとれそうもない。

次は私も分解清掃にチャレンジしてみます。

ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533590/54207916

この記事へのトラックバック一覧です: 食器洗い乾燥機 東芝 DWS-600B 水漏れ故障の顛末:

« スマフォ用格安データ通信回線をゲットするぞ大作戦 | トップページ | タダケンさんありがとう »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ