お買い物は町内で

グルメ・クッキング

うまい:生産者の顔が見える大豆 サクっと黒豆(池田食品)

※先にお断りですが、私はメーカーの回しものではございませぬ。

先日、伊勢丹に行ったら北海道展をやっていました。1000円以上買うと粗品、とのことでもらったのですが、粗品のくせに(失礼!)おいしいものをいただきました。さすがデパートです。

札幌の工場発
 生産者の顔が見える大豆 サクっと黒豆
(池田食品株式会社)

黒豆を米、小麦粉でくるんで揚げてある、ただの豆菓子といえば豆菓子なのですが、黒豆の味、サクサク感、塩加減のバランスがすばらしく、あと引く味になっています。

さすがに毎日食べると栄養価高そうなので・・・忘れた頃にネットで注文したいです。

自家製パンで作ったシュガーラスク

先日、職場でコーヒー当番でした。要求されるのは「豆」だけですが、それでは面白くないので手作り菓子を。

「自家製パンで作ったシュガーラスク」

・パンを焼く(いつものパン)

・一晩置く(切りやすいように)

・5mmくらいの薄切りにする

・バター(常温にもどしたもの)を薄く塗る

・予め皿に砂糖をだしておき、バターを塗った側に砂糖を付ける。(少し押し付けるくらいで)

・パンをはたいて、余計な砂糖を落とす。

・トースター付属のアルミ皿に並べる(なければアルミホイルでも)

・一番弱い熱(うちのは320wの下火)で、15分焼く→5分放置を2回繰り返す。
パンがまだ柔らかかったら、硬くなるまで5分焼く→3分放置を繰り返す。

・粗熱がとれたら完成。

サクサクのシュガーラスクができました。(今回は大量生産)

一番難しいのは「焼き」です。トースターによって変わってきます。一番弱い火力でもパンが黒くなるようでしたら、ラスクには不向きです。あきらめましょう。(本来はオーブンで100度台前半で数十分やるのがよいようです)

Nec_0336

ホテル食パンをホームベーカリーで焼く

ホームベーカリーで、ホテルブレッド(風なもの)が食べたいと思い。。。

(PanasonicのHBです)

強力粉(ゴールデンヨット) 270g
砂糖 付属スプーン大3杯(約25g)
塩 付属スプーン小1杯(約4g)
無塩バター 30g
卵1個&牛乳あわせて200ml
イースト(safセミドライ) 付属スプーン小3/4杯(約2g)

コースはソフト食パンコース。
safセミドライは、昔の記事に書いた通り、ドライイーストのケースではなく小麦粉の山のてっぺんに牛乳と接しないようにふりかけておきます。直種法っぽくやります。

写真忘れましたが、、、とてリッチなパンが焼けました。

素敵な香りが家中に漂います。

が、大好きなタマゴサンドには合いません、これ。

要は食事パンとしては適さないということです。ご注意。

サンヨー炊飯器ECJ-XP1000A購入

今までマイコンの3合炊きを使っていました。

別にグルメという自負はないのですが、炊いたごはんが美味しくない。

それに比べ嫁の実家で食べるごはんのおいしいこと。これはきっと炊飯器に差があるに違いないと勝手に思い込み、いろいろ調べました。

・マイコン

・IH

・圧力IH

現在の電気炊飯器は上記の3方式がほとんど。圧力IHが一番おいしくご飯が炊けるとのこと。そして、それでもガス炊き、かまど炊きにはかなわないとのこと。

どうせ買うなら(勝手に買い替えモードに入ってしまった)うまいごはんを、ということで白羽の矢が当たったのがサンヨーECJ-XP1000Aという「匠炊き」という機種。どこだかの家電芸人とやらも薦めているらしい。

2chと価格コムのクチコミを徹底的にチェック。塩むすびがうまい、安いコメでも見違えるほどおいしく炊いてくれるのだとか。そうか、わかった、おやじのコメ、もっとおいしく食べてやるよ!ということで購入することにしました。

\60,250にて購入。

さっそく匠炊き。蒸気機関車のように吹き上がる蒸気を眺めつつ1時間で炊きあがり。

おいしそう・・・ごはんにカニ穴ができています。これはおいしいごはんの証なのだとか。気のせいかもしれませんが、実家のかまどでもち米を蒸した時のやや香ばしいにおいがしました。

ご飯が甘い、甘い。1粒1粒がしっかりしてもっちり。やや硬め。塩を軽く振ってどんどん食べてしまいました。

買って良かったです。

いままで、炊飯器のせいでせっかくのお米を美味しく食べれなかったなんて・・・お米に対してほんと申し訳ない気持ちになりました。

きめ細かいパン:safセミドライイースト

ホームベーカリーでの食パン作り。

強力粉はイーグル or ゴールデンヨット(250g)

ドライイーストはフェルミパン or saf(panasonic付属の小スプーン4/5)

でそこそこおいしいパンが作れていたのだが、どうしても改善したかったのが「きめ細かさ」。市販の食パンのきめ細かさには到底及ばないのでした。

いろいろネットで調べてみたところ、「セミドライイースト」なるものが最近登場したらしい。生イーストとドライイーストのあいの子なのだとか。

量が多いので躊躇したが、safセミドライイースト(ゴールド:高糖用)を注文。冷凍保存が必要な品なので、当然クール便(冷凍)で届きました。(どうしよう、こんなに・・・)

見た目はドライイーストと同じなのですが、水分含有量が多いらしくホームベーカリーのイースト投入口に入れるとすべて落ちない(残ってしまう)という問題あり。

これについては以下の通り対処。

食パンコース→イースト投入の機械音を聞いて人力で投入。または多少残っても気にせず投入口に入れてしまう。

ソフト食パンコース→強力粉の山をつくり、山頂に窪みを作る。水に触れないように窪みにセミドライイーストをのせておく。

結果、

できました。きめ細かいパン。パンやさんのパンにより近くなり、香りも良くなった気がします。きめ細かいのでより薄いスライスも可能になりました。

なおセミドライイーストの量ですが、panasonic付属の小スプーンすり切り1杯でよいようです。前述のフェルミパン、safドライよりは量を増やしたほうがよさげです。

直近の食パンレシピ

強力粉:イーグル or ゴールデンヨット 250g

イースト:safセミドライイースト 小スプーン1

砂糖 大スプーン2

塩 小スプーン1

マーガリン or バター 15~30g(気分次第)

牛乳 200ml

ホームベーカリーは松下(Panasonic)のSD-BT103を使っています。

→楽天でsafセミドライイーストを検索

ゴールド(金)は多糖生地(食パン、バターロールなど)、レッド(赤)は低糖生地(フランスパンなど)に

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ