お買い物は町内で

携帯・デジカメ

ドコモの料金計算をリスペクト・・・

*** ご注文受付状況について *** キャッチホンサービスのお申込みを承りましたので、付加機能使用料は12月22日からの日割計算となっております。 キャッチホンサービスの解約を承りましたので、付加機能使用料は12月25日までの日割計算となっております。 留守番電話サービスのお申込みを承りましたので、付加機能使用料は12月22日からの日割計算となっております。 留守番電話サービスの解約を承りましたので、付加機能使用料は12月25日までの日割計算となっております。 メロディコール(基本)のお申込みを承りましたので、付加機能使用料は12月22日からの日割計算となっております。 メロディコール(基本)の解約を承りましたので、付加機能使用料は12月25日までの日割計算となっております。 iチャネルのお申込みを承りましたので、付加機能使用料は12月22日からの日割計算となっております。 iチャネルの解約を承りましたので、付加機能使用料は12月25日までの日割計算となっております。 spモード(iモード契約可)のお申込みを承りましたので、付加機能使用料は12月22日からの日割計算となっております。 spモード(iモード契約可)の解約を承りましたので、付加機能使用料は12月25日までの日割計算となっております。 spモード(iモード契約可)のお申込みを承りましたので、付加機能使用料は12月27日からの日割計算となっております。 spモード(iモード契約可)の解約を承りましたので、付加機能使用料は12月29日までの日割計算となっております。 ケータイ補償お届け(380)のお申込みを承りましたので、月額料金は12月22日からの日割計算となっております。 ケータイ補償お届け(380)の解約を承りましたので、月額料金は12月26日までの日割計算となっております。

ドコモの1月度請求をみたらとんでもないことになっていた。わはは。
(確かに12月は2回も機種変で安物スマホをゲットしてオプションとか加入解除を繰り返した)
料金計算システムの中の人、すいません。こういう客がいるから作りこみもテストも大変になるんですよね。

実際の明細をみて、一番意味不明な状態になっているのはこれ
Image01

どのような加入状態かというと、
 1~22日:iモードのみ
 22~25日:iモード+spモード
 25~27日:iモードのみ
 27~29日:iモード+spモード
 29~31日:iモードのみ

いやらしいのはこの「iモード+spモード」というやつで、お店では片方でも両方でも300円ですよ、と言われるのだが、実際の料金の仕組みはわかりにくい。iモードもspモードも単品では月300円なのだが、両方入っているとISPセット割というの効いてそれぞれ150円引きになり、結局片方でも両方でも料金は月300円で同じというカラクリ。

上みたいな普通には考えられない加入記録であっても、難なく日割り計算し、300-20-15+38-20+29-15=297円と、ほぼ正確に計算結果をはじき出しています。3円の誤差は、日割りでの1円未満の処理により、日割り前の月額を越えることがないようにとの計算ロジック上の配慮(なるべく切り捨て側に倒している)からだと思います。

ドコモの料金システムのすごさを垣間見た気がします。尊敬します。中の人ご苦労様です。
(実はこんなレアパターンは中の人がガリガリ計算excelシートで計算していたりして・・・んなことないわな)

さよならEdy

携帯電話の機種変更をしようと、おサイフケータイ系アプリの機種変更手続きをしていました。

が、Edyについては機種変更を機にもう使うのをやめることにしました。

だって手続きに手数料105円取られるんだもの。せっかく機種変してもEdy使い続けようかと思ってたのにさ、700円しか残高ないのに105円も取られたらシャクです。

セブンイレブンで全額使い切り、アプリ削除しました。

こんな(ケチな?)人もいるってこと、わかってるのかなぁ。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ